発達心理学研究第33巻(2022年)


33巻1号


◆高堰 仁美:発達障害児を持つ親の認知的怒り制御プロセスに関する研究

 本研究では,発達障害児の親の,認知的怒り制御方略及びその使用過程を検討することを目的とした。療育機関に所属する4歳〜10歳の発達障害児の母親23名に対する半構造化面接を実施し,うち16名の語りをGTAにより分析した。結果として,親の心身の安定と怒りのセルフモニタリングが認知的怒り制御の背景として存在することが示された。また,2つの認知的怒り制御過程が見出された。第一に行動生起の背景を分析的に見ようとする【子の行動の背景への注目】後,《子への共感的視点》《効果的な対処の思案》《褒める点の思案》がなされ,ポジティブ感情の生起や怒り低減をもたらすパターンであった。第二に,日頃の子どもとの交流を見つめなおす【現在の見つめなおし】後,《現在の肯定的交流への焦点化》がなされ,ポジティブ感情の生起や怒り低減をもたらすパターンであった。本研究で示された方略は,先行研究で示されてきた子育てにおける怒り低減の方略と比較し,より分析的・問題解決的である点で,発達障害児の親に顕著な「対処可能性の低さ」(中谷,2016)に起因する怒りの低減に有効と考えられる。また,怒り低減のみに留まらずポジティブ感情生起を伴う点で,親子の関係性の安定や,親自身の精神的健康にも良い影響を与えうる方略であったと考えられる。

【キーワード】認知的感情制御,怒り,発達障害児の親支援,GTA

33巻の目次に戻る


◆藤  翔平・杉村伸一郎:幼児の役割遊びにおける自己調整機能の特徴:他の遊びとの比較による予備的検証

 幼児が行うふり遊びは子どもの発達に様々な恩恵をもたらすとされているが,その一つに自己調整機能がある。先行研究ではふり遊び,なかでも役割遊びの質や頻度が,役割遊びの内外での自己調整機能と関連するかについて検討がされてきた。しかし,役割遊びの中で見られる自己調整機能には,他の遊びと比較して,どのような特徴があるかについてはほとんど研究されてこなかった。そこで,本研究では,幼稚園に通う年中児と年長児計32名を対象に,役割遊びとそれ以外の遊びを観察し,その中で見られる自己調整的言動の頻度の比較を行った。比較の観点は,(a)認知的・情動的,(b)調整の段階(プランニング,モニタリング,コントロール,評価),(c)調整の対象(自己,他者,自他)の3つであった。その結果,役割遊びでは構成遊び(物を作る遊び)と機能遊び(身体を動かす遊び)に比べて,認知的なプランニングが多く見られることが明らかになった。一方,その他のカテゴリーについては,役割遊びと他の2つの遊びとの間に有意な差が見られなかった。以上の結果から,自己調整機能の観点から見た役割遊びの特徴はプランニングの豊かさにあること,また,それ以外の自己調整機能に関しては構成遊びと機能遊びでも役割遊びと同程度に働いていることが示唆された。

【キーワード】ふり遊び,自己調整機能,メタ認知,観察,幼児教育

33巻の目次に戻る


◆大島 聖美・鈴木 佳奈・西村 太志:夫婦が親チームとなっていくプロセス:幼児期の子どもを持つ夫婦を対象とした質的研究

 本研究では夫婦がチームとして育児家事を分担していく相互影響過程を明らかにすることを目的に,幼児期の子どもを持つ夫婦21組を対象に半構造化面接を行った。修正版グラウンデッドセオリー法を用いて検討した結果,夫婦が【子の誕生前後の家庭観】を持ちつつ【夫婦間ホメオスタシスを保つ努力】を行う中で,【思い通りにいかないことが出て】きたり,そのことによって【お互いに察してほしいの悪循環】になったりしつつも,【葛藤に対処し】,徐々に【親チームになっていく】過程が明らかとなった。この結果から夫婦間の相互作用において,夫婦は【夫婦間ホメオスタシスを保つ努力】や【葛藤に対処する】という関係内の肯定的側面と【思い通りにいかないことが出てくる】や【お互いに察してほしいの悪循環】といった否定的側面を行き来しつつ,肯定的側面が否定的側面を上回る時,【親チームとなっていく】ことが示唆された。最後に先行研究と本研究の共通点や相違点について議論した。

【キーワード】親チーム,夫婦,幼児期の子ども,半構造化面接,M-GTA

33巻の目次に戻る


◆中島 卓裕・伊藤 大幸・村山 恭朗・明翫 光宜・柳 伸哉・浜田  恵・辻井 正次:一般小中学生におけるASD特性と運動能力及び心理社会的適応との関連

 本研究の目的は,一般小中学生における運動能力を媒介とした自閉スペクトラム特性と心理社会的不適応(友人関係問題,抑うつ)の関連プロセスを検証することであった。小学4年生から中学3年生の5,084組の一般小中学生及び保護者から得られた大規模データを用いて検討を行った。パス解析の結果,ASD特性が高いほど運動能力の苦手さがみられることが明らかとなった。また,ASD特性と抑うつとの関連においては26%が,ASD特性と友人関係問題の関連については小学生で25%,中学生で16%が運動能力を媒介した間接効果であったことが示された。これらの関連においていずれの性別及び学校段階においても有意な効果の差は見られなかったことから,性別及び学校段階によらず心理社会的不適応に対して運動能力が一定の寄与を果たしていることが示唆された。本研究は代表性の高い一般小中学生のサンプルでASD特性と運動能力,心理社会的不適応の連続的な関連を定量化した本邦初の研究であり,今後のインクルーシブ教育推進のための政策・実践の基礎となる重要なデータを提供するものである。

【キーワード】自閉スペクトラム症特性,運動能力,心理社会的不適応,小中学生

33巻の目次に戻る