日本発達心理学会
フォントサイズ

学会ニューズ

発達心理学会ニューズレター目次

目次
第81号(2017年6月30日)
【特集】 「発達心理学における基礎研究」
◆発達心理学の基礎研究とは
  子安増生(甲南大学)
◆発達心理学と理論
   金沢創(日本女子大学)
◆基礎研究について想うこと
   板倉昭二(京都大学文学研究科)
◆発達心理学と基礎研究:自身の研究を振り返って
  瀬野由衣(愛知県立大学教育福祉学部)
◆言語発達研究は「基礎研究」なのか
  針生悦子(東京大学)
◆基礎研究がなすべきこと
  外山紀子(早稲田大学人間科学学術院)
◆学習の基礎研究による教育・社会への貢献
  湯澤正通(広島大学)
◆思春期の基礎研究をやる意味
  加藤弘通(北海道大学大学院教育学研究院)
研究余滴
◆学会賞を受賞して
  大伴潔(東京学芸大学教育実践研究支援センター)
International Views(海外見聞録)
◆ニューヨーク市立大学クイーンズカレッジ・在外研究滞在記
  中谷素之(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)
研究室紹介
◆香川大学教育学部心理学研究室
  岡田涼(香川大学教育学部)
学会・研究会・プロジェクト紹介
◆公益社団法人こども環境学会の目標とその活動
  仙  田満(環境デザイン研究所/こども環境学会代表理事)
学会からのお知らせ
◆国際研究交流委員会より
  浦田悠(大阪大学)
◆国内研究交流委員会より
  松本博雄(香川大学)

第80号(2017年2月28日)
【特集】「研究生活や研究信念に影響を与えた一冊」
◆研究生活に影響を与えた一冊:明かりの見えてきた方向
  麻生武(奈良女子大学理系女性教育開発共同機構)
◆“心理学を人々に贈る”ゴードンメソッドと出会って
   村上志保(親業訓練協会)
◆『心・からだ・ことば』に巡りあって
   土田宣明(立命館大学総合心理学部)
◆『〈恥ずかしい〉の構造』と『「いき」の構造』―理論化への道を忘れないために―
   中山まき子(同志社女子大学)
◆研究生活に影響を与えた一冊 ―「心」の複雑さに気づいたとき―
  塘利枝子(同志社女子大学)
◆『The Selfish Gene』(Richard Dawkins, 1976)を読んだことで
  数井みゆき(茨城大学教育学部)
◆自閉症と情動 ―研究生活に影響を与えた一冊―
  別府哲(岐阜大学教育学部)
◆心に残った1 冊(と言わず3 冊)
  高橋登(大阪教育大学)
International Views(海外見聞録)
◆BPS に参加して
  矢藤優子(立命館大学)
研究室紹介
◆白百合女子大学人間総合学部
  目良秋子(白百合女子大学人間総合学部)
学会・研究会・プロジェクト紹介
◆小中一貫校と非一貫校の児童生徒の精神的健康についての学際的な比較調査
  山本由美 [非会員] (和光大学)
学会からのお知らせ
◆国際研究交流委員会より
  常深浩平(いわき短期大学)
◆国内研究交流委員会より
  東海林麗香(山梨大学大学院)
◆ニューズレター編集部より
◆編集後記

バックナンバー目次
2016年(第77号−第79号)
2015年(第74号−第76号)
2014年(第71号−第73号)
2013年(第68号−第70号)
2012年(第65号−第67号)
2011年(第62号−第64号)
2010年(第59号−第61号)
2009年(第56号−第58号)
2008年(第53号−第55号)
2007年(第51号−第52号)
1989年−2006年(第1号−第50号)

ニューズレター委員会トップページに戻る