日本発達心理学会

発達心理学研究

学会賞受賞者・受賞論文

(注):著者の所属は論文投稿時
 年度   受賞者 受賞者所属(注) 受賞論文タイトル 掲載論文
巻・号
1991年 第1回 麻生 武 奈良女子大学 “口”概念の獲得過程
― 一乳児の食べさせる行動の研究 ―
第1巻
第1号
1992年 第2回 村上 志保 お茶の水女子大学 「空書」にみる表象の形成 第2巻
第1号
土田 宣明 立命館大学 老年期における認識転換の困難
― 自己調節機能の観点からの検討 ―
第2巻
第2号
1993年 第3回 中山 まき子 目白学園
女子教育研究所
妊娠体験者の子どもを持つことにおける意識
― 子どもを<授かる>・<つくる>意識を中心に ―
第3巻
第2号
1994年 第4回 佐々木 正人 早稲田大学 「発話にともなう手振り」の現れと視覚的他者 第4巻
第1号
1995年 第5回 柏木 惠子 白百合女子大学 「親となる」ことによる人格発達:生涯発達的視点から親を研究する試み 第5巻
第1号
若松 素子 東京女子大学
1996年 第6回 塘 利枝子 白百合女子大学 日英の教科書にみる家族:子どもの社会化過程としての教科書 第6巻
第1号
1997年 第7回 数井 みゆき 茨城大学 子どもの発達と母子関係・夫婦関係:幼児を持つ家族について 第7巻
第1号
無藤 隆 お茶の水女子大学
園田 菜摘 お茶の水女子大学
別府 哲 岐阜大学 自閉症児におけるジョイントアテンション行動としての指さし理解の発達:健常乳幼児との比較を通して 第7巻
第2号
1998年 第8回 高橋 登 大阪教育大学 幼児のことば遊びの発達:“しりとり”を可能にする条件の分析 第8巻
第1号
1999年 第9回 刑部 育子 東京大学 「ちょっと気になる子ども」の集団への参加過程に関する関係論的分析 第9巻
第1号
水野 里恵 名古屋大学 幼児の自己制御機能:乳児期と幼児期の気質との関連 第9巻
第2号
本城 秀次 名古屋大学
2000年 第10回 菅原 ますみ 国立精神・神経センター
精神保健研究所
子どもの問題行動の発達:Externalizingな問題傾向に関する生後11年間の縦断研究から 第10巻
第1号
北村 俊則 国立精神・神経センター
精神保健研究所
戸田 まり 北海道教育大学
島  悟 東京経済大学
佐藤 達哉 福島大学
向井 隆代 聖心女子大学
2001年 第11回 武居 渡 金沢大学 聾児の手話言語獲得過程における非指示ジェスチャーの役割 第11巻
第1号
鳥越 隆士 兵庫教育大学
2002年 第12回 木下 孝司 神戸大学 遅延提示された自己映像に関する幼児の理解:自己認知・時間的視点・「心の理論」の関連 第12巻
第3号
2003年 第13回 藤村 宣之 埼玉大学 児童の経済学的思考の発達:商品価格の決定因に関する推理 第13巻
第1号
2004年 第14回 西川 由紀子 華頂短期大学 子どもの自称詞の使い分け:「オレ」という自称詞に着目して 第14巻
第1号
坂上 裕子 帝京大学 歩行開始期における母子の共発達:子どもの反抗・自己主張への母親の適応過程の検討 第14巻
第3号
長谷川 真里 お茶の水女子大学 言論の自由に関する判断の発達過程:なぜ年少者は言論の自由を支持しないのか? 第14巻
第3号
2005年 第15回 赤木 和重 神戸大学 1歳児は教えることができるか:他者の問題解決困難場面における積極的教示行為の生起 第15巻
第3号
2006年 第16回 川田 学 東京都立大学 乳児期における自己主張性の発達と母親の対処行動の変容:食事場面における生後5ヶ月から15ヶ月までの縦断研究 第16巻
第1号
塚田・
城 みちる
東京都立大学
川田 暁子 青梅市健康センター
2007年 第17回 木村 美奈子 名古屋大学 幼児のビデオ映像理解の発達:子どもは映像の表象性をどのように認識するか? 第17巻
第2号
加藤 義信 愛知県立大学
2008年 第18回 常田 美穂 北海道大学 乳児期の共同注意の発達における母親の支持的行動の役割 第18巻
第2号
2009年 第19回 瀬野 由衣 名古屋大学 幼児における知識の提供と非提供の使い分けが可能になる発達的プロセスの検討:行為抑制との関連 第19巻
第1号
2010年 第20回 浅川 淳司 広島大学 幼児における手指の巧緻性と計算能力の関係 第20巻
第3号
杉村 伸一郎 広島大学
2011年 第21回 宮里 香 九州大学 他者とのやりとりに伴う身体運動感覚は幼児の比喩理解を促進するか 第21巻
第1号
丸野 俊一 九州大学
堀 憲一郎 下関短期大学
2012年 第22回 野澤 祥子 東京大学 1〜2歳の子ども同士のやりとりにおける
自己主張の発達的変化
第22巻
第1号
2013年 第23回 加藤 真由子 大阪大学 2歳児による泣いている幼児への向社会的な反応:対人評価機能との関連性に注目して 第23巻
第1号
大西 賢治 大阪大学
金澤 忠博 大阪大学
日野林 俊彦 大阪大学
南 徹弘 甲子園大学
2014年 第24回 風間 みどり 東京女子大学 日本の母親のあいまいな養育態度と4歳の子どもの他者理解:日米比較からの検討 第24巻
第2号
平林 秀美 東京女子大学
唐澤 真弓 東京女子大学
TARDIF, Twila Univ. of Michigan
OLSON, Sheryl Univ. of Michigan
佐藤 賢輔 東京大学 非合理的事象は幼児の誤信念理解を促進するか: 自己の驚きを手がかりとした心的状態の推論 第24巻
第3号
実藤 和佳子 九州大学
蒲谷 槙介 東京大学 前言語期乳児のネガティブ情動表出に対する母親の調律的応答:母親の内的作業モデルおよび乳児の気質との関連 第24巻
第4号
2015年 第25回 近藤 龍彰 神戸大学 幼児は「他者の情動はわからない」ことがわかるのか?:両義的状況手がかり課題を用いて 第25巻
第3号
2016年 第26回 大伴 潔 東京学芸大学 動詞の語尾形態素の獲得過程:獲得の順序性と母親からの言語的入力との関連性 第26巻
第3号
宮田 Susanne 愛知淑徳大学
白井 恭弘 Case Western Reserve Univ.