日本発達心理学会

諸学会・研究会情報

■日本行動計量学会国際シンポジウム「行動計量学のためのベイズ流アプローチ」のお知らせ

日本行動計量学会は、電気通信大学との共同開催にて、国際シンポジウム「行動計量学のためのベイズ流アプローチ」を下記の要領で開催いたします。このシンポジウムのために、因果分析のパイオニアであるDonald B. Rubin博士(Harvard大学名誉教授)および、テスト理論に関する権威者Wim J. van der Linden博士(Twente大学名誉教授)が来日されます。また、日本からは、因果分析などについて国際的に評価される業績の多い星野崇宏教授(慶應義塾大学)の講演もあります。これら3つの講演は、ベイズ統計学という共通のアプローチを用いています。

主催 日本行動計量学会 共催 電気通信大学

日時 平成30年12月1日(土曜日)10:30─16:20

場所 電気通信大学 西10号館 2F 大会議室(233号室)

参加費 無料

プログラム
司会 繁桝算男(慶應義塾大学)
1. 10:20─10:30
主催者挨拶・講演者紹介
2. 10:30─12:00
Donald B. Rubin "Rubin Causal Model and its recent Bayesian Implementations"
3. 13:00─14:30
Wim J. van der Linden "Bayesian Approaches to Real-Time Testing"
4. 14:50─16:20
Takahiro Hoshino "Bayesian inference of heterogeneous causal effects"

事前に参加者数を把握したいため、参加希望者は必ず
https://goo.gl/forms/8qaEDufSIZa9OOpK2
にて、参加申し込みを行った上、当日、直接会場へお越しください。
参加者数によっては、部屋が変更になる可能性がございます。

*日本行動計量学会の会員、電気通信大学の関係者であるかどうかを問わず、一般に公開されます。参加費は無料です。
*プログラム2と3の講演は英語で行なわれます。
*JSPS科研費JP18HP2006の助成を受けています。


■(公社)日本心理学会 東日本大震災復興支援特別委員会企画公開シンポジウム
「災害の後に人の心はどう動くか――被災された方や支える方のためのフィード・フォワード」開催

<参加無料・一般公開・当日参加可>

日時:2018年11月18日(日) 13:30―16:40(開場13:00)

会場:広島大学 東千田キャンパス A棟5階 501教室
https://www.hiroshima-u.ac.jp/access/senda

概要:
 震災や豪雨災害を被災された人には,様々な心理が生じます。つらい体験でストレスを感じる方もいれば,災害から立ち上がり人間として成長する方もいます。日本心理学会では,東日本大震災後に特別委員会を設けて,被災した人の心にかかわる研究や支援活動を助成してきました。本シンポジウムでは,そうした研究や支援活動の成果をふまえて,様々な災害で被災された方の心に生じる変化について紹介し,これから起こりうることについて説明(フィードフォワード)いたします。
 中原元気氏は,西日本豪雨災害後に,スクールカウンセラーとして小中高等学校に支援に入られました。広島の被災状況や現場ではどんなことが起き,どのような心理的支援が行われたかをお話しいただきます。
 堀毛裕子氏は,東日本大震災で宮城県臨床心理士会の会長として,様々な心理臨床を統括され,臨床現場にかかわってこられました。東日本大震災において被災された方の心理がどのように変わっていったのかや,被災地での心理臨床活動のありかについてお話しいただきます。
 松井豊氏は,阪神・淡路大震災から被災された方の心理について研究し,現在は消防職員や看護師や一般公務員の方への心理支援を行っています。この体験を踏まえ,これから起こりうる被災後の心理を説明します。

企画:日本心理学会 東日本大震災復興支援特別委員会

講演者:
宮谷 真人(広島大学教授,日本心理学会常務理事)
 「シンポジウム開催にあたって」
中原 元気(広島県教育委員会)
 「西日本豪雨災害で被災された方に起きていること」
堀毛 裕子(東北学院大学)
 「東日本大震災の心理支援を踏まえて」
松井 豊(筑波大学)
 「被災された方の心にこれから起こりうること」

お申込み:参加費無料。どなたでもご参加いただけます。当日参加も可能です。
事前参加申込を希望される方は,E-mail()にて,件名に「11/18復興支援シンポ」と記入の上,以下の情報をお知らせください。
・氏名・フリガナ
・性別
・年齢
・郵便番号,住所,電話番号

公益社団法人日本心理学会 事務局
住所:113-0033 東京都文京区本郷5-23-13 田村ビル内
Tel: 03-3814-3953 Fax: 03-3814-3954
E-mail: (代表)
      (公開シンポ受付)
URL: https://psych.or.jp/
Twitter: https://twitter.com/jpa_psych
Facebook: https://fb.com/JapanesePsychologicalAssociation/


■「公認心理師の会」設立

https://psych.or.jp/qualification/shinrishi_info/cpp-network/

公認心理師養成大学教員連絡協議会 発起人・個人会員・組織会員・加盟団体の皆様

平素より公認心理師養成大学教員連絡協議会の運営にご協力賜り,誠にありがとうございます。

9月9日に公認心理師の国家試験があり,11月30日には試験結果が発表されて,いよいよ公認心理師が誕生します。

これを機に,新たに誕生する公認心理師が入会する「公認心理師の会」を設立します。
科学者‐実践家モデルに基づく公認心理師が所属する団体です。

公益社団法人日本心理学会および公認心理師養成大学教員連絡協議会が後援します。

公認心理師養成大学教員連絡協議会と「公認心理師の会」は,車の両輪のような形で科学者‐実践家モデルを実現します。

公認心理師養成大学教員連絡協議会 事務局
(公益社団法人日本心理学会 事務局内)
Tel: 03-3814-3953 Fax: 03-3814-3954
E-mail: (日本心理学会)
URL: https://psych.or.jp/qualification/shinrishi_info/shinrishi_training/


■ISSBD (International Society for the Study of Behavioral Development) regional workshop will be held in Hong Kong next year: 2019年6月ISSBD香港大学研究者ワークショップ(旅費・宿泊費用等支給):応募期限11月30日

2019年6月25─29日、アジア地域に在住する研究者(家庭・親・親子・しつけ・子育てなどに関連する研究分野(または研究分野に含む)の博士課程また2009年5月以降に博士号取得、年齢制限はありません)を対象に香港大学にてワークショップが開かれます(ISSBD主催)。
アジア地域に住む研究者の学術英論文掲載やネットワーキングを目的としたワークショップです。
選考された方には費用がほぼ全額(旅費・宿泊・食事など)支給されます。以下を参照の上、https://www.fed.cuhk.edu.hk/issbdhkより奮ってご応募下さい。

Theme: Parenting Among Asians
Dates: June 25-28, 2019 (Tuesday to Friday)
Location: Hong Kong
Venue: Conference Center, the Chinese University of Hong Kong (CUHK)
Hosted by: Department of Educational Psychology and Department of Psychology, CUHK

Keynote speakers (in alphabetical order): Dr. Michael Bond, Dr. Marc Bornstein, Dr. Charissa Cheah, Dr. Xinyin Chen, Dr. Pamela Cole, Dr. Patricia Greenfield, Dr. Sara Harkness, Dr. Susan Holloway, Dr. Eva Pomerantz, Dr. Charles Super, Dr. Qi Wang, and Dr. Yoko Yamamoto

This workshop is intended for early career scholars (who either obtained their doctoral degree no earlier than May, 2009 or are currently enrolled in a doctoral program) residing in East, Southeast and South Asia. There is no registration fee for the workshop. Moreover, participants will be provided with accommodation, meals, and a travel allocation based on their locations that is expected to cover most or all of the airfare.

The application deadline is November 30, 2018. For further information, please visit
https://www.fed.cuhk.edu.hk/issbdhk


■平成30年度「第35回全国青少年相談研究集会」について

青少年の健全育成や青少年の相談事業に携わる者が一堂に会し、協議等を通して、指導者としての資質及び専門的な知識・技術を高めるとともに、団体間の連絡協力の促進を図る。

主催:独立行政法人国立青少年教育振興機構

期間:平成31年1月17日(木)〜18日(金)部分参加可

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター

テーマ:「青少年の複合化した課題を地域で支えるには」

内容:基調講演、行政説明、研究講義、分科会

参加申込み等詳細はこちらをクリックしてご覧ください。

問い合わせ・申込先:
独立行政法人 国立青少年教育振興機構
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3番1号 Tel: 03-6407-7685


■(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 発達障害者の雇用促進をテーマとした
「『働く広場』公開座談会」

障害者週間「連続セミナー」(主催:内閣府)が12月6日(木)から7日(金)まで、有楽町朝日スクエア(東京都千代田区)にて開催されます。
当機構は、7日(金)に「発達障害者の雇用を促進するために〜雇用事例から学ぶ職場定着に向けた支援のポイント〜」と題して、「『働く広場』公開座談会」を開催いたします。ぜひご来場ください。

日時:
2018年12月7日(金)11:50〜13:40

場所:
有楽町朝日スクエア(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
有楽町駅から徒歩2分(JR/有楽町線)、銀座駅から徒歩2分(丸の内線、銀座線、日比谷線)

内容:
発達障害者の雇用を促進するために
〜雇用事例から学ぶ職場定着に向けた支援のポイント〜

詳細はこちらをクリックまたは、下記URLからご覧ください。
http://www.jeed.or.jp/disability/data/works/zadankai.html

問合せ先:
(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構
企画部情報公開広報課(水越・岡本・及川)
電話番号043-213-6200 FAX番号043-213-6556
メールアドレス 


■日本学術会議主催学術フォーラム「乳幼児の多様性に迫る:発達保育実践政策学の躍動」

平成30年11月18日(日)13:00〜17:00  (12:30~開場)

会場:日本学術会議講堂

企画趣旨説明(13:00〜)
第1部 乳幼児の発達特性の多様性(13:10〜14:35)
第2部 乳幼児の養育環境の多様性(14:45〜16:05)
第3部 パネルディスカッション(16:15〜16:45)

ポスターはこちらからご覧ください。

事前申込制:先着300名

お申し込み・お問い合わせ:発達保育実践政策学センター(CEDEP)
             申込専用ウェブフォームをご利用ください。
             http://www.cedep.p.u-tokyo.ac.jp/


■日本乳幼児教育学会岡山大会のご案内

日本乳幼児教育学会では、2018年12月8日(土)〜9日(日)、岡山コンベンションセンター(岡山駅直結)にて、第28回大会(担当:岡山大学)を開催いたします。皆様のご参加をお待ちいたしております。なお、詳しくは大会ホームページをご参照ください。
http://www.jseyc2018.com/index.html

●会期: 2018年12月8日(土)〜9日(日)

●会場: 岡山コンベンションセンター(ママカリフォーラム)
http://www.mamakari.net/

●主なプログラム(敬称略)

〈第1日 12月8日(土)〉8:15- 受付

9:00 - 10:30
研究発表I
10:50 - 12:20
記念講演「分かちあう心の進化」
講師:松沢 哲郎(京都大学高等研究院特別教授・京都大学霊長類研究所兼任教授)
https://www.matsuzawa.kyoto/cv/ja
12:20 - 13:30
昼食
13:30 - 14:20
開会式・総会
14:40 - 16:10
大会企画シンポジウムI「動き始めた新要領・指針等の実質を問う」
話題提供:無藤 隆(白梅学園大学)・秋田喜代美(東京大学)及び、研究発表II
16:30 - 18:00
自主シンポジウムI
〈第2日 12月9日(日)〉8:15- 受付
9:00 - 10:30
研究発表III・自主シンポジウムII
10:50 - 12:20
学会企画シンポジウム「保育者養成校における教育での工夫とアイデア」
司会:菊野 春雄(静岡産業大学)・指定討論:三宅 茂夫(神戸女子大学)
及び、研究発表IV
12:20 - 13:30
昼食
13:30 - 15:00
大会企画シンポジウムII「個性豊かな子どもたちの成長の物語―幼児期・児童期・青年期の特別支援で大切にしたいこと」
コーディネータ:湯澤 美紀(ノートルダム清心女子大学)及び、研究発表V
15:20 - 16:50
大会企画シンポジウIII「保育の場で 子どもの遊び心をはぐくむ」
コーディネータ:富田 昌平(三重大学)及び、研究発表VI・自主シンポジウムIII

●海外からの留学生の方は、参加費〈無料〉となります(岡山の観光に関する補助
金による)。ぜひ留学生の方をお誘いくださいませ。※当日必ず「学生証」を持っ
て受付にお越しください。

●クラウドファンディングを実施しています。ご支援いただければ幸いです。
https://faavo.jp/okayama/project/3153

●当日参加も可能ですが、席の準備のため事前のお申し込みをお願いしております。
10/18までに次のサイトからお願いいたします。
http://www.jseyc2018.com/application.html


■公財)明治安田こころの健康財団 2018年度開催講座のご案内

詳細が決定しました2018年度9月以降開催講座をご案内いたします。
なお,諸事情により日程,テーマ等を変更する場合もありますので,最新情報をHP等でご確認くださいますようお願い申し上げます。

講座はこちらからご覧ください。

【講座情報・申し込み方法・問合せ先】
 明治安田こころの健康財団 講座係
HP https://www.my-kokoro.jp/ 研修講座のお申し込みについて参照
TEL 03-3986-7021  (火曜日〜土曜日 9時〜17時)

 


■公社)日本心理学会 公開シンポジウムのご案内

今年度も日本心理学会主催の公開シンポジウムが開催されます。 全て参加は無料ですが,事前申込をお願いしております。

○社会のための心理学シリーズ
1.認知症医療への心理学的貢献
概要:
高齢化が急速に進むにつれて認知症の人も増加しています。認知症の人を取り巻く社会的な課題としては,徘徊等による行方不明,消費の被害,車の運転による事故,介護負担,高齢者の虐待などがあります。認知症になっても住み慣れた地域で安心して生活し続けるために,公認心理師や心理学の専門家がどのようにこれらの課題に向き合って,解決に貢献すべきなのかについて,今こそ議論しなければいけないのではないでしょうか。ここでは,医学や心理学の専門家の方々に話題を提供していただき,認知症の診断・治療・予防という問題や,認知症患者やその家族の支援という問題に心理学が果たすべき役割について考えます。

日時・場所:
京都会場【定員200名】 認知症の診断・治療への心理学的貢献
2018年10月7日(日)13:00-17:00 (開場12:30)
京都女子大学B校舎501教室
〒605-8501京都市東山区今熊野北日吉町35
JR京都駅・四条河原町から京都女子大学までの直通バス“プリンセスライン”「京都女子大学前」で下車

東京会場【定員300名】 認知症患者の支援に対する心理学的貢献
2018年12月9日(日)13:00-17:00 (開場12:30)
日本大学文理学部本館センターホール
〒156-8550東京都世田谷区桜上水3-25-40
京王線下高井戸駅または桜上水駅下車徒歩8分

2.心理学で冤罪を防ぐ:司法的判断における認知バイアスの影響
概要:
確証バイアスや後知恵バイアスなど人間が思考する際の「くせ」である認知バイアスは,司法的判断においては冤罪を引き起こす可能性が高い。捜査や裁判の場で,捜査員,目撃者,裁判員などの人々がどのような認知バイアスにとらわれやすく,それがどのような結果をもたらすのかに関する心理学的研究を概観し,冤罪につながりかねない人間の認知特性を理解し,その克服方法を模索したい。

日時・場所:
京都会場【定員:180名】
2018年10月13日(土)13:30-17:00 (開場13:00)
京都女子大学C号館C308教室
〒605-8501京都市東山区今熊野北日吉町35
JR京都駅・四条河原町から京都女子大学までの直通バス“プリンセスライン”「京都女子大学前」で下車

東京会場【定員:250名】
2018年11月10日(土)13:30-17:00 (開場13:00)
慶應義塾大学日吉キャンパス独立館D205
〒223-8521神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
東急東横線、東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅下車、徒歩1分

○科学としての心理学シリーズ
消費者の心理をさぐる
概要:
消費者の心理のメカニズムにせまります。物を買うときの心理とは,どのようなものでしょうか。脳科学の知見は「マーケティング」をどのように変えるのでしょうか。ブランドはどのようにして生まれるのでしょうか。物語を使った広告とはどのようなものでしょうか。本講座では,マーケティングについて経営学および心理学の観点から研究している第一線の講師を迎え,最新の研究事例を交えて考察します。

日時・場所:
東京会場【定員:300名】
2018年11月17日(土)13:00-17:00 (開場12:30)
青山学院大学青山キャンパス17号館309教室
〒150-8366東京都渋谷区渋谷4-4-25
JR、東急線、京王井の頭線渋谷駅徒歩10分地下鉄表参道駅徒歩5分

仙台会場【定員:200名】
2019年3月16日(土)13:00-17:00 (開場12:30)
東北大学川内キャンパス(Aエリア)講義棟A棟A200教室
〒980-8576仙台市青葉区川内41
仙台市地下鉄東西線川内駅(キャンパス直結)

○日本心理学会第82回大会「公開講座」http://jpa2018.com/
会 期:2018年9月25日(火)−27日(木)
開 場:仙台国際センター
開催校:東北大学
詳細は,HPをご覧ください。

チラシはこちらをクリックするか,学会のホームページからダウンロードすることもできます。
http://www.psych.or.jp/event