日本発達心理学会

諸学会・研究会情報

■公益財団法人 文字・活字文化推進機構 読書推進イベント

◆伝えよう!絵本の世界〜子どもと一緒に楽しむためのイロハ〜◆

絵本の読み語り活動をしている方、絵本に関するワークショップを
開いてみたい方など、絵本や子どもの読書活動推進に興味のある方は
ぜひご参加ください!(参加費無料)
チラシはこちらをクリックしてください。

【開催日】2020年3月1日(日)11:00〜15:30
【会 場】北国新聞 赤羽ホール(石川県金沢市南町2番1号)
 http://www.akabane-hall.jp/about/index.html#access
【セミナー】
 第一部 誰でも楽しめる「とびだす絵本づくり」にチャレンジ!
     講師/嵐田康平さん(しかけえほんショップ&工房 Meggendorfer)
 第二部 絵本の読み語りスキルアップセミナー!
     講師/橋本恵子さん(朗読指導者養成講座講師・ことのはスクエア代表)

【詳細・お申し込みについて】
http://www.mojikatsuji.or.jp/events/forum/2019/07/04/3469/

◆やまねこ朗読発表会◆
「山根基世の朗読指導者養成講座」第5期受講生による、
朗読発表会を開催します。1年間の講座の成果を、声に乗せて
お届けします。また、講師・山根基世氏の朗読もございます。
是非、さまざまな朗読をお楽しみください。

【開催日】2020年3月7日(土)土曜クラス
     2020年3月8日(日)日曜クラス
     いずれも13:30〜16:00(13:00開場予定)
【会 場】出版クラブホール https://shuppan-club.jp/access
    (出版クラブビル3F 東京都千代田区神田神保町1-32)
     東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線
     「神保町駅」A5出口より徒歩2分

【詳細・お申し込みについて】
http://www.mojikatsuji.or.jp/news/2020/01/17/3976/

◆「広げよう!子どもの読書応援隊」冊子のご案内◆
子どもの読書推進のための広報誌を作成しました!
昨年開催した子どもと本をつなぐためのフォーラムの
レポートや、読書活動に役立つインタビュー、ブックリストなどを
ご紹介しています。以下のページで公開していますので、是非ご覧ください!
http://www.mojikatsuji.or.jp/news/2019/12/20/3934/
広報誌に関するアンケートも実施しています!ぜひご協力ください。
(アンケート回答者の方から抽選で絵本をプレゼント!回答は2/14まで)

《申込・問合せ》
公益財団法人 文字・活字文化推進機構
TEL 03-3511-7305 FAX 03-5211-7285 
MAIL
WEB  http://www.mojikatsuji.or.jp/


■日本学術会議第一部総合ジェンダー分科会・人文社会科学系学協会男女共同参画推進連絡会(GEAHSS)公開シンポジウム「どうする?ジェンダー平等人文社会科学系学会の未来」

開催日時:2020年2月18日(火)13:30-16:30
場所:  日本学術会議講堂
事前申し込み不要・入場無料
詳細は、こちらからチラシをご覧ください。


■公財)中山隼雄科学技術文化財団 講演会のご案内

講演テーマ:ゲームにおけるペナルティーの意義と機能
講演者:北海道大学大学院法学研究科 教授 小名木 明宏 先生
開催日時:2020年2月9(日)13時〜14時
開催場所:東京大学本郷キャンパス 情報学環オープンスタジオ「中山未来ファクトリー」
     URL https://openstudio-utokyo.com/
参加費:無料
申込メールアドレス:
「講演会申込」の題名で、名前・所属・役職・連絡先電話番号を明記して2/6までにご連絡ください。

問い合わせ先:公財)中山隼雄科学技術文化財団
電話:03-6226-6161


■日立京大ラボ・京都大学 シンポジウム「生物の社会性に学ぶ新たな社会システムの可能性―QoLの向上をめざして―」開催のお知らせ

この度、日立京大ラボ・京都大学によるシンポジウム「生物の社会性に学ぶ新たな社会システムの可能性―QoLの向上をめざして―」を令和2年2月10日(月)に開催する運びとなりましたのでご案内いたします。
みなさまのご参加、お申し込みをお待ちしております。

<趣旨>
生物界には、ハチやアリのように、集団において各自の役割が規定されている、いわゆる社会性昆虫と呼ばれる種が存在します。
またゴリラのように、立場の強い者同士の喧嘩を弱い立場の者が対面姿勢でコミュニケーションを図り仲裁する種も存在します。
今回は、生物が持つ、このような社会性から、我々はなぜ国家などの大規模かつ複雑な社会を構成し、互いに協力できるのかを探ります。
「生物の社会性」をテーマに、人間のQuality of Lifeの向上をめざし、新しい社会システムの可能性を探ります。

<日時>
2020年2月10日(月) 13:00-17:30 (12:00開場)

<場所>
上野イーストタワー 2階 Main Meeting Room
http://sasp.mapion.co.jp/b/hitachi/info/BA850382/?view=r

<参加費> 無料

<申し込み方法>
下記URLから直接お申し込み下さい
https://www8.hitachi.co.jp/inquiry/hqrd/event2/form.jsp

<申し込み期限>
2020年2月7日(金)
定員350名になり次第、締め切らせていただきます。

<問合せ先>
日立京大ラボ 075-753-9716

<プログラム(詳細は下記URLのパンフレット参照)>
http://www.hitachi.co.jp/rd/event/2020/image/kyodailab2002/panf1.pdf

〇13:00〜13:10 開会挨拶
木村俊作 京都大学 産官学連携本部 副本部長
鈴木教洋 日立製作所 執行役常務CTO兼研究開発グループ長

〇第一部:生物の社会性に学ぶ社会システムの可能性
13:10〜13:45 「イヌはなぜヒトの友達になった?遺伝子からみる動物のこころ」
村山美穂 京都大学 野生動物研究センター 教授

13:45〜14:20 「イルカの水中社会性」
酒井麻衣 近畿大学 農学研究科 講師

14:20〜14:55 「アリ社会の研究は人間社会に何をもたらすか?」
土畑重人 京都大学 農学研究科 助教

(休憩15分)

〇日立京大ラボ 研究紹介
15:10〜15:40 「社会・環境・経済価値の定量化とQoLの向上」
嶺 竜治 日立製作所 基礎研究センタ 日立京大ラボ長代行

〇第二部:人の社会性に学ぶ社会システムとQoL向上の可能性
15:40〜16:15「ヒトの向社会的行動の生物学的基盤とQoL」
高岸治人 玉川大学 脳科学研究科 准教授

16:15〜16:50 「人のコミュニケーションとQoL」
高田明 京都大学 アジア・アフリカ地域研究科 准教授

16:20〜16:55「風土建築から見えるQoL」
小林広英 京都大学 地球環境学堂・地球環境学舎・三才学林 教授

〇17:25〜17:30 閉会挨拶
西村信治 日立製作所 基礎研究センタ長
問合せ先:日立京大ラボ 075-753-9716

<プログラム(詳細は下記URLのパンフレット参照)>
http://www.hitachi.co.jp/rd/event/2020/image/kyodailab2002/panf1.pdf


令和元年度 国際教育政策研究所教育改革国際シンポジウム「幼児教育・保育の国際比較―OECD国際幼児教育・保育従事者調査2018の結果から―」

開催趣旨
OECD(経済協力開発機構)は、2019年10月、幼児教育・保育施設の保育者を対象とした初めての国際調査である国際幼児教育・保育従事者調査の結果を公表しました。
この調査は、 日本を含めた9か国を対象とし、保育者の実践の内容や勤務環境、研修の状況などについてデータを収集しています。本シンポジウムでは、この調査の結果を基に、幼児教育・保育の国際比較から何が見えてくるのか、日本、ノルウェー、韓国の事例を中心に考えます。

日時:令和2年2月20日(木)午後1:00〜午後 5:00 (受付開始 午後 0:30〜)
場所:文部科学省(中央合同庁舎第7号館)東館3階講堂
主催:国立教育政策研究所
定員:400人
言語:日本語・英語 (同時通訳付)
参加無料
詳細、お申し込みは https://www.nier.go.jp/youji_kyouiku_kenkyuu_center/symposium/sympo_r01/
からお願いします。


■日本行動計量学会 第22回春の合宿セミナーのお知らせ

今年度で第22回目となる日本行動計量学会・春の合宿セミナーを下記の要領で開催します。
今回は昨年に続き合宿形式で開催します。講師の先生を中心に、テーマを絞った学習と深い議論が可能です。学会主催で参加費は非常に安価に設定しているため申込みが多数となることが予想されます。定員制、先着順ですのでどうぞ早めにご参加を検討ください。

研修所はきれいで清潔、宿泊は個室と環境も抜群です。富士の麓で温泉とおいしい食事を楽しみながら、次の飛躍を目指して3日間集中して学びましょう。

日時:2020年3月27日(金)〜29日(日)
会場:東富士リサーチパーク内 TOTO 東富士研修所(JR御殿場駅より送迎バスで20分)
参加費:
   準会員(学生) 4,000円  学生非会員 10,000円
   正会員・賛助会員 14,000円 一般非会員 28,000円
   *今回、会員申込みをされますと、会員価格が適用されます
  (日本行動計量学会年会費 は正会員8,000円、準会員5,000円です。)
宿泊費:シングル1泊3食(夕食・朝食・昼食)8000円×2=16,000円
募集人数:各コース 先着50名予定
申込方法:下記のHPで2020年1月6日(月)10時から申込み開始
詳細:http://www.mayomi.org/bsj/spring22.html

---------------------------------------------

【Aコース】
テーマ:「人の行動を捉える!−現代時系列分析入門−」
講師:大阪電気通信大学情報通信工学部情報工学科教授 小森政嗣
コース概要:
 位置情報や心拍などのライフログ,SNS,モーションキャプチャや経験サンプリングのデータのように,人の行動に関する生態学的妥当性が高い時系列データが容易に入手できるようになってきました。しかし,これらの時系列分析に対して,まだ近寄りがたいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
時系列分析を取り上げた書籍の多くでは,計量経済学的な指標がとりあげられ,その指標の予測に重点が置かれています。一方,人の行動の時系列データの分析の場合,時間経過に伴う変化を観察する,複数の時系列間の関係(類似度や因果)を明らかにする,多変量時系列データを要約して把握する,など分析の目的も様々で,またそれに応じて手法も様々です。
 本セミナーでは,時系列データから行動を理解する上で意味のある情報を抜き出すための統計技術やノウハウを,具体的な事例とともに共有することを目指します(Rを用います)。

【Bコース】
テーマ:「深層学習入門:機械学習の基礎から深層確率生成モデルまで」
講師: 産業技術総合研究所人工知能研究センター副研究センター長麻生英樹
コース概要:
 大量の学習用データが利用可能になったことで、画像認識、音声認識、機械翻訳を始めとして深層ニューラルネットワークを用いた学習が高い性能を示すタスクが増えています。
 しかし、学習用データの準備、ネットワークの構造の選択、様々な超パラメータの設定など、学習を成功させるためのノウハウも多く、うまく使いこなすのは難しい面もあります。
 さらに、最近では、認識や予測用のモデルだけでなく、確率的生成モデルなども盛んに研究されており、深層学習の応用範囲も広がっています。
本セミナーでは、機械学習・深層学習の基礎から最近の深層確率モデルまでを、具体的な事例も含めながら解説したいと思います。

----------------------------------------

問合先:日本行動計量学会 運営委員会
     第22春の行動計量学会 実行委員会
    


■【前川財団】第11回未来教育シンポジウムご案内

第11回 未来教育シンポジウム
    子どもの育ち

日時 2020年2月8日(土) 13:00〜16:00
場所 株式会社 前川製作所[共創ホール]
   東京都江東区牡丹3-14-15
定員 100名
参加費 無料
申込方法詳細等
https://www.mayekawafoundation.org/seminar/seminar_20200208.html


■第36回全国青少年相談研究会 開催要項

令和元年度 国立青少年教育振興機構 教育事業

テーマ:「青少年支援における『協働』を考える」

1.趣 旨 青少年の健全育成や青少年の相談事業に携わる者が 一堂に会し、協議等を通じて、
  指導者としての資質・能力の向上を図り、関係機関・団体間の連携を促進する。
2.主 催 独立行政法人国立青少年教育振興機構
3.後 援 文部科学省、内閣府、警察庁(申請中)
4.期 間 令和2年1月 16 日(木)〜17 日(金) (部分参加可)
5.会 場 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番1号)
6.対 象 青少年教育行政担当者、青少年教育施設職員、学校教育行政担当者、学校教員、
  首長部局相談担当者、警察関係者、法務関係者、社会福祉関係者、その他青少年の相談
  事業に携わる者
7.定 員 250 名程度(先着順)

申込方法詳細等
URL https://www.niye.go.jp/info/yukutoshi.html


■研修会「子ども虐待シンポジウム」

厚生労働省 母子保健医療対策総合支援事業
子どもの心の診療ネットワーク事業 中央拠点病院主催

日 時:2020年1月17日(金)14:00〜16:45(開場13:45)
場 所:フクラシア東京ステーション 会議室K(JR 東京駅徒歩1分)
    朝日生命大手町ビル5F
参加費:無料
対 象:子供の心の診療に関わる 医師・メディカルスタッフ・福祉関係者・教育関係者・
     行政担当者など
申込方法詳細等
URL https://www.ncchd.go.jp/kokoro/news/img/20200117.html


■第4回日本DCD(発達性協調運動障害)学会学術集会開催のお知らせ

○日時:2020年4月25日(土)・26日(日)
○大会長:古荘 純一(青山学院大学教育人間科学部教授)
○会場:青山学院大学 青山キャンパス(東京都渋谷区渋谷4-4-25)
○主催:日本DCD(発達性協調運動障害)学会
○テーマ:スポーツとDCD

企画趣旨:2020年、東京にて、オリンピック・パラリンピック大会を迎えるにあたり、障害のあるなしに関係なく、国民のスポーツへの関心は高まっています。しかし一方で、スポーツ場面で苦手さを感じ、参加することに否定的な子どもや成人がいます。そのなかには、いわゆる身体的「不器用さ」を主訴とする発達障害のひとつである、発達性協調運動障害(Developmental Coordination Disorders;DCD)が起因している場合が少なからず認められます。我が国では、こうした現状について必ずしも十分な社会的な認知が得られているわけではなく、DCDのための支援もまだ緒に就いたばかりです。
そのような国内状況のなか、日本DCD学会は2017年から「理解」と「支援」に関するテーマで学術集会を毎年開いてきました。その流れのなかで、今回は、日常生活のなかでの理解と支援について考える場、それもオリンピック・パラリンピックの開催年ということから、「スポーツ」場面に着目することに致しました。
実際、身体的「不器用さ」のある子どものなかには、表面的にスポーツに対して否定的であっても、実際はみんなと同じようにスポーツすることを認められたいという気持ちを持つことが多く見受けられます。そうした子どもたちへの共感とともに、スポーツ指導や支援のあり方について発信することを本大会の目的としたいと思います。

■ホームページ:最新情報や具体的なプログラム内容等は下記ホームページでご確認ください。
http://dcdjapan.main.jp/nextcngrs/
みなさまのお越しをお待ちしています。


■公認心理師の会 特別研修会「がん患者の認知行動療法」

日時:2020年6月14日(日)10:00−16:00

場所:国立がん研究センター 管理棟1F 特別会議室
(東京都中央区築地5−1−1)

定員:150名
(先着順:医療職・対人援助職・それを志望する学生であれば、どなたでも参加できます)

参加費:公認心理師の会 会員8,000円
    非会員10,000円(2020/1/31まで 非会員早期割引9,000円)

主催:一般社団法人 公認心理師の会/一般社団法人 日本認知・行動療法学会

後援:国立研究開発法人 国立がん研究センター

講師:Stirling Moorey(King's Collage London, Maudsley Hospital)
概要通訳・日本語資料付き

詳細:こちらからPDFファイルをご覧ください。

申込:公認心理師の会Webページより
https://cpp-network.com/workshop.html#workshop20200614


■公社)日本心理学会 2019年度公開シンポジウムのご案内

全て参加は無料ですが,事前申込が必要です。
ご参加はhttps://psych.or.jp/event/よりお申し込みください。

チラシはこちらからご覧ください。


■公財)明治安田こころの健康財団 2019年度講座

公財)明治安田こころの健康財団より周知依頼の2019年度の講座案内が届きました。
詳細はhttps://www.my-kokoro.jp/をご覧ください。


■「公認心理師の会」設立

https://psych.or.jp/qualification/shinrishi_info/cpp-network/

公認心理師養成大学教員連絡協議会 発起人・個人会員・組織会員・加盟団体の皆様

平素より公認心理師養成大学教員連絡協議会の運営にご協力賜り,誠にありがとうございます。

9月9日に公認心理師の国家試験があり,11月30日には試験結果が発表されて,いよいよ公認心理師が誕生します。

これを機に,新たに誕生する公認心理師が入会する「公認心理師の会」を設立します。
科学者‐実践家モデルに基づく公認心理師が所属する団体です。

公益社団法人日本心理学会および公認心理師養成大学教員連絡協議会が後援します。

公認心理師養成大学教員連絡協議会と「公認心理師の会」は,車の両輪のような形で科学者‐実践家モデルを実現します。

公認心理師の会ホームページ
https://cpp-network.com/

公認心理師の会リーフレット
https://psych.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/cpp_network.pdf

入会のご案内
https://psych.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/cpp_network2.pdf

入会申請方法
https://psych.or.jp/wp-content/uploads/2018/11/cpp_network3.pdf

※各案内資料は,日本心理学会ホームページからダウンロードできます。
https://psych.or.jp/qualification/shinrishi_info/cpp-network/

公認心理師養成大学教員連絡協議会 事務局
(公益社団法人日本心理学会 事務局内)
Tel: 03-3814-3953 Fax: 03-3814-3954
E-mail: (日本心理学会)
URL: https://psych.or.jp/qualification/shinrishi_info/shinrishi_training/