日本発達心理学会

公募情報

■公財)発達科学研究教育センター 令和2年度「発達科学研究教育奨励賞」の募集

公益財団法人発達科学研究教育センターでは令和2年度の研究助成事業として若手研究者を対象とした「発達科学研究教育奨励賞」を下記要領で募集致します。

〇研究テーマ
「幼少期の子どもの可能性を引き出し、心身の調和のとれた発達をはかること」を主たる研究テーマとするもの。

〇応募資格 
・日本国内の研究機関に属する個人、または数人の共同研究。
・令和2年4月1日現在40歳以下で、准教授職以下の方。
・所属研究機関の代表者または指導教授の推薦が必要。

〇募集期間
令和2年4月1日(水)〜6月1日(月)必着

〇研究助成金
1件当たり50万円を上限。10件位を予定。

〇応募必要書類
研究計画書、推薦書など。
本財団ホームページhttp://www.coder.or.jpよりダウンロードして下さい。
令和元年度受賞の研究テーマ(抜粋)
   ・評判操作の発達-比較症候群アプローチによる検討-
   ・発話からの感情判断の発達を促す要因の解明―実行機能と意図理解の観点から―
   ・幼児期における向社会性の選好メカニズムの解明−センシング技術を用いた縦断的検討−
   ・知的障害児に対する運動有能感を高める運動プログラムの開発と効果の検証

<応募先・お問い合わせ先>
公益財団法人 発達科学研究教育センター
〒102-0076 東京都千代田区五番町3番地1 五番町グランドビル7階
電話:03-3262-9976 FAX:03-3221-7169
Eメール 


■公財)中山隼雄科学技術文化財団2019年度第2回国際交流助成募集

「人間と遊び」という視点に立った科学技術の研究助成をすることを主な目的として、平成 4 年に設立され平成23 年に公益財団の認定を受けた法人です。
私共は、この視点に立脚した研究開発等を対象に、設立以来途切れることなく、広範囲の研究助成を展開してまいりました。
本年度の助成研究の全体募集は終了しましたが、国際交流に関してのみは、応募者の利便性を考慮して、年 2 回募集します。

詳細は、本財団HP http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-grant01.html
をご覧ください。


■2019年度 研究支援(研究期間2020年度)の概要
 安心ネットづくり促進協議会

募集テーマ:インターネット社会における、青少年の健全な育成保護、または高齢者の安心安全に係る諸活動に資する実証的な調査および研究とします。

募集対象者:国内を拠点として研究活動を行う大学・大学院等の教育・研究機関ならびに 企業・各種団体等の研究者で、特に年齢は問いません。

研究期間:2020年4月1日から2020年12月31日まで(単年度研究)

研究支援(助成)額:1件あたり50万円を限度

募集要項詳細等
https://www.good-net.jp/

問い合わせ先
安心ネットづくり促進協議会 事務局 (担当:高木)
TEL 03-3562-8850  FAX 03-3562-1180
E-mail 


■日本行動計量学会(行動計量学)論文募集

日本行動計量学会 和文誌編集委員会委員長の星野です。

当学会の和文誌「行動計量学」について日頃よりご協力いただきありがとうございます。
おかげ様で、このところ投稿数も着実に増えておりますが、さらなる和文誌の活性化及び様々な分野の方々からの投稿を促したく、今回初めて公募論文特集を企画しました。
迅速な審査および掲載スケジュールとなっておりますので、是非多くの方にご投稿頂ければと存じます。

以下に概要を記載します。

【募集テーマ】公募論文特集

 特段テーマを定めず、方法論の開発やデータサイエンスの応用論文など行動計量学の範疇(最も広い意味での人間の行動に関する計量的な研究)に従う論文であれば幅広く受け入れます。また特に応用論文を歓迎します。

行動計量学の論文については例えば下記をご覧ください。
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jbhmk/45/1/_contents/-char/ja

【本公募特集の特徴】

・掲載までのスケジュールが明確です。具体的には初回査読6週間、2回目査読20日、3回目査読がある場合は1週間で返送します。
・通常の投稿と異なり、投稿時には著者に会員が含まれることは求めませんが、採択時に著者(の最低1名に)会員となって頂くことを条件に掲載します。
・一回目の査読にて、原著論文としてはオリジナリティが低い論文については、資料論文としての評価も行い、以後のプロセスを進めるかどうかを判断します。
・締め切りより早く投稿いただいた論文については、その分すべての査読ステップを前倒しで実施します。
・採択論文多数の場会には、査読プロセスはそのままですが、採択順が後の論文の掲載を次号に回すことがあります。

【スケジュール】

2019年10月初旬 公募開始
2020年4月17日  締め切り
*和文誌「行動計量学」の査読範囲外と判定されるものは1週間以内に差戻の決定をお返しします。
2020年5月末   一回目査読結果(不採択or修正再審査or修正採択or採択)
2020年6月末   再投稿締め切り
2020年7月20日  二回目査読結果(不採択or修正採択or採択)
2020年8月5日   再修正投稿締め切り
2020年8月12日  採択通知・入稿
2020年9月中   掲載論文出版(第47巻2号)

【投稿規程】

下記をご覧ください。
http://bsj.gr.jp/journals/index_j/
*通常の投稿と異なり、投稿時には著者に会員が含まれることは求めませんが、採択時に著者(の最低1名に)会員となって頂くことを条件に掲載します。

【投稿先】

下記をご覧ください。
http://bsj.gr.jp/inquiry/#paper

【担当編集委員】

横山暁(青山学院大学)・星野崇宏(慶應義塾大学)


■ニッセイ財団 児童・少年の健全育成 2020年度実践的研究助成公募開始のご案内

【募集の概要】
助成内容  第一分野 健全育成のための教育、周到な準備を図る分野
      第二分野 健全育成にとって喫緊の対応を要する分野
助成期間  @2020年8月から2年 A2020年8月から1年
助成金額  @最大400万(1年最大200万) A最大100万
助成予定件数  @4件 A12件程度
応募開始  2019年10月1日(火)
応募締切  2020年3月16日(月)[消印有効]

募集要項、申請書、申請の手続等詳細は財団ホームページにてご確認下さい。
http://nihonseimei-zaidan.or.jp/jidou2/02.html

【お問い合わせ・請求先】
 〒541-0042 
 大阪市中央区今橋3丁目1番7号日生今橋ビル4階
 日本生命財団 児童少年の健全育成(研究助成)事務局
 TEL.06-6204-4013