日本発達心理学会

就職・公募情報

■同志社大学・赤ちゃん学研究センター 2019年度・公募型共同研究募集のご案内

文部科学省「共同利用・共同研究拠点」に認定されております同志社大学・赤ちゃん学研究センターでは、2019年度の公募型計画共同研究を募集しています。
下記分野を対象に、公募により課題を募集します。
採択課題は、赤ちゃん学の拠点形成に係る重点課題として経費を支援し、当センターとの共同研究を実施していただくことになります。
皆様のご応募をお待ちしております。

●対象分野:1)発生学分野、2)統計学・情報学分野、3)政策学分野(福祉学、経済学等を含む)、4)心理学・教育学分野、5)看護学分野、6)人間学分野(倫理学等を含む)

●応募資格:大学及び大学共同利用機関、研究所等に所属する研究者(大学院生含む)、もしくは育児・保育現場に携わる者。(※ 大学院生の場合は指導教官の許可を得た上で連名で申請してください)

●研究費:支給額は年間40万円(上限)とします。
また、「一般共同研究」を通年公募しております。

●応募期間:9月1日(土)〜 11月19日(月)

●応募方法:下記HPをご覧ください。
https://akachan.doshisha.ac.jp/research/publicoffering


■公財)日本科学協会 2019年度笹川科学研究助成の募集について

2019年度笹川科学研究助成の募集要項を公開いたしました。

○主な募集条件
【学術研究部門】
助成対象となる研究人文・社会科学および自然科学(数物・工学、化学、生物、複合、ただし医学を除く)に関する研究を対象とします。
対象者 ・大学院生(修士課程・博士課程)
    ・35歳以下の任期付き雇用の若手研究者
    ・ただし、「海に関係する研究」は重点テーマとして支援し、雇用形態は問わない。
助成額 1件100万円を限度とする

【実践研究部門】
A 教員・NPO職員等が行う問題解決型研究学校、NPOなどに所属している方が、その活動において直面している社会的諸問題の解決に向けて行う実践的な研究を求めます。
B 学芸員・司書等が行う調査・研究学芸員・司書等が博物館や図書館等の生涯学習施設の活性化に資する調査・研究を求めます。 また、所属機関とは別の機関や、大学、自治体などの異分野の機関・施設と連携した研究も歓迎します。
対象者 ・博物館、NPOなどに所属している者
助成額 1件50万円を限度とする

○申請期間
【学術研究部門】・【実践研究部門】
2018年 9月18日 から 2018年10月16日 23:59 まで

○申請方法
 Webからの申請となります。詳細は本会Webサイトをご確認下さい。
・本会Webサイト
 https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/
・募集告知ポスター
 https://www.jss.or.jp/ikusei/sasakawa/data/poster.pdf
詳細は,Webサイトをご覧ください。

<問い合わせ先>
公益財団法人日本科学協会 笹川科学研究助成係
TEL 03-6229-5365 
https://www.jss.or.jp
Email:



■「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2018年度第4回募集

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第4回閲覧期間 2018年12月〜2019年2月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者 大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○募集締切 2018年9月28日
○募集研究数 放送博物館 6件、大阪放送局 3件

応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/archives/academic/


■公財)中山隼雄科学技術文化財団 調査研究並びに助成研究の募集

当財団は,「人間と遊び」の視点に立った科学・技術の振興に関する公益事業を行い,ゆとりと活力のある社会の構築に貢献することを目的として平成4年に設立されました。
本年度は「当財団が主位的に行う調査研究」並びに「事業目的に適う研究への助成」の研究者を募集いたします。

1.調査研究
「ゲームの面白さや手法を使って、ゲームを楽しみながら、様々な社会的課題を
みんなで協力して解決していけるような、新しいゲームの創生」2件

2.研究助成
国内の大学院、大学、短大、高専、専門学校及び非営利の研究機関等に所属する
研究者(博士後期課程を含む)又はこれらの機関に所属する研究者を代表者とする共同研究グループを対象として、毎年7月から10月の3か月間、助成研究の応募者を募集

 1)助成研究A ゲーム分野の研究
 2)助成研究B 「人間と遊び」に関する研究
 3)国際交流(1回目) 遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動

応募資格,応募方法等詳細は,財団ウェブサイトをご覧ください。
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/


■公財)放送文化基金2018年度 助成募集

公益財団法人放送文化基金では、2019年4月〜2020年3月に実施される放送にかかわりのある@技術の研究・開発 A放送に関する人文・社会科学的な調査・研究、および文化的な事業(国際的な協力を含む)を対象に研究助成申請を募集いたします。
今年度は、特にネット社会が進行して多様な情報が錯綜する中で、「放送の役割・在りよう」を大局的な観点から調査・研究するプロジェクトの申請をお待ちしております。

申請方法については、放送文化基金のホームページをご覧下さい。↓
http://www.hbf.or.jp/grants/article/guideline_grants

申請受付期間:2018年9月1日から9月30日

公益財団法人 放送文化基金
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町41-1 第一共同ビル5F


■公財)中山隼雄科学技術文化財団 調査研究並びに助成研究の募集

当財団は,「人間と遊び」の視点に立った科学・技術の振興に関する公益事業を行い,ゆとりと活力のある社会の構築に貢献することを目的として平成4年に設立されました。
本年度は「当財団が主位的に行う調査研究」並びに「事業目的に適う研究への助成」の研究者を募集いたします。

1.調査研究
「ゲームの面白さや手法を使って、ゲームを楽しみながら、様々な社会的課題を
みんなで協力して解決していけるような、新しいゲームの創生」2件

2.研究助成
国内の大学院、大学、短大、高専、専門学校及び非営利の研究機関等に所属する
研究者(博士後期課程を含む)又はこれらの機関に所属する研究者を代表者とする共同研究グループを対象として、毎年7月から10月の3か月間、助成研究の応募者を募集

 1)助成研究A ゲーム分野の研究
 2)助成研究B 「人間と遊び」に関する研究
 3)国際交流(1回目) 遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動

応募資格,応募方法等詳細は,財団ウェブサイトをご覧ください。
http://www.nakayama-zaidan.or.jp/


■公財)博報児童教育振興会 第14回児童教育実践についての研究助成

この事業はことばの教育と教育実践の質を向上させる、新しい視点を持つ研究を助成し、その成果が教育の現場に反映され、児童教育の基盤を充実させることを目的としています。

助成の対象
対象となる研究
○「ことばの教育」に関する研究
○児童教育実践の質を向上させる研究

応募資格
○日本の大学・研究機関に所属する研究者
(例えば准教授、講師、助教、博士課程の院生等。若手支援のため、教授やそれに相当する職は除く。)
○日本の学校・教育委員会に所属する教育実践に携わる方
(例えば教諭、指導主事、相談員、特別支援教育の支援員等。)

※応募に際しては、所属長あるいは指導教官からの推薦が必要です。
※常勤・非常勤、年齢、国籍、学位は不問(ただし、学生の場合は修士号取得以上とする)。

応募方法
応募要項をご確認の上、財団ホームページ「研究助成マイページ」からご応募ください。

助成金・助成期間
1件につき300万円を限度に助成します。
応募の翌年4月1日〜翌々年3月31日の1年間
助成期間終了後、研究(代表)者が希望する場合は、継続助成の申請をすることができます。

※今後の研究計画書と提出された「研究成果報告書」を審査して採否を決定します。

詳細は,博報財団ホームページをご覧ください。
https://www.hakuhofoundation.or.jp/


■三重短期大学専任教員公募要領

1 専門分野 心理学
2 担当科目 心理学、発達心理学、心理学研究法及び関連科目
3 採用職 教授、准教授、講師
4 採用人員 1名
5 応募資格 大学院修士課程(博士前期課程)修了又はそれと同等以上の研究上の業績を有すること。
6 採用時期 2019年4月1日(予定)
7 給 与 津市職員の給与に関する条例等の定めるところによる。
8 定 年 65歳(三重短期大学教員の定年に関する規程の定めるところによる)
9 公募締切 2018年8月31日(金)(午後5時までに必着のこと)
10 面接日 2018年9月30日(日)
(面接者には9月13日(木)若しくは14日(金)に電話又はメールで連絡する。なお、交通費は支給しない)
提出書類,書類提出先等詳細は,こちらをクリックまたは大学HPををご覧ください。
http://www.tsu-cc.ac.jp/topics/shinri_kyoinkobo/shinri_kyoinkobo.html
問い合わせ先 三重短期大学事務局大学総務担当
電話 059-232-2341 FAX 059-232-9647
E-mail
(ただし、問い合わせは原則としてFAX 又はE-mail で行うこと)

■公財)野間教育研究所創立70周年記念調査研究論文募集

本研究所は2020年4月1日に創立70周年を迎えます。 それを記念して、教育に関する調査研究論文を募集いたします。論文作成に関する調査研究経費として当研究所が50万円を負担し、紀要を刊行いたします。

募集対象: 以下の4部門に分け、部門ごとのテーマに沿った調査研究を対象とします。ただし、共同研究は含まず、個人研究のみを対象とし、調査研究成果は未発表のもの(口頭発表は可)に限ります。学位論文執筆中の方は、その一部でもかまいません。各部門1件を選考します。
(1)日本教育史研究部門: 第二次大戦終了から高度経済成長に至る時期における教育事象について、歴史的なアプローチにより解明しようとする基礎的研究
(2)社会教育研究部門: 日本における青年の自立と教育に関する基礎的研究
(3)教育心理研究部門: 子どもの道徳性や社会性の発達およびその支援に関する研究
(4)幼児教育研究部門: 保育者の専門性と保育の質の向上の関連性について解明しようとする学術的研究
応募資格: 日本の大学院で博士課程在籍中の者、または博士課程単位取得退学5年以内の研究者、および学位取得後3年以内の研究者とします。同一の研究テーマで既に科学研究費等や他からの研究助成を受けている場合は不可(研究テーマが違えば可)。
応募受付日: 2018年7月1日(日)〜 10月1日(日)午前10時まで
(郵送の場合は、9月30日の消印有効)
応募方法・「申請書」等は,チラシや,
研究所HP(http://www.nomaken.jp/infomation/index.html)をご覧ください。

■独立行政法人国立特別支援教育総合研究所からのお知らせ

本研究所におきまして、以下のとおり研究職員を公募いたします。

◆採用予定職種 総括研究員(研究職4級)、主任研究員(研究職3級)又は研究員(研究職2級) (採用職種は、経歴等を勘案して決定する。)
◆任  期 任期なし。ただし、経歴等を勘案し、任期付(任期は3年以内、再任あり)となることもある。
◆募集人員 1名
◆担当職務 主として、下記の全ての職務に従事することとなるが、他の業務も担当することもある。
(1)幼児期における特別支援教育に関する研究(乳児期の支援に関する研究、小中学校等における特別支援教育との連続性に関する研究等を含む)
(2)本研究所が実施する研修等における講義・実習等及び本研究所が実施する諸事業の担当
(3)所属部署における業務
◆応募資格 (1)修士以上の学位(採用予定日までに取得見込みを含む)又はそれと同等の研究業績を有すること。
(2)幼児期における特別支援教育又は乳幼児期における障害児保育・療育並びに就学等に関する研究業績(実践に関する研究発表等を含む)があること。
(3)教育機関、福祉機関、医療機関等において、障害のある乳幼児に係る保育、相談・指導等の業務の経験があることが望ましい。
◆採用予定日 平成31年4月1日
◆応募期限 平成30年7月30日(月)(必着)

提出書類や問い合わせ先など詳細は『こちら』をご覧ください。


■聖学院大学 心理福祉学部心理福祉学科専任教員募集

1. 募集分野: 心理学(社会心理学 あるいはその近接領域 集団心理学、コミュニティ心理学等)
  主な担当科目: 「社会・集団・家族心理学」(社会心理学)、「心理学研究法」、「心理学統計法」、「心理学統計法実践」、「心理学実験」
  職位: 准教授または助教
2. 人数: 1名
3. 所属: 心理福祉学部心理福祉学科
4. 採用予定日: 2019 年4 月1 日
5. 締切日: 2018 年7月31 日 (火) 必着
※応募書類は簡易書留便とし、「心理学 教員応募書類在中」と朱書きして下さい。
  〈書類提出先〉〒362-8585 埼玉県上尾市戸崎1 番1 号
            聖学院大学 学長室 宛 (TEL 直通)048-781-0946

応募資格,提出書類,選考方法等詳細は,こちらをクリックしてご覧ください。

問い合わせ先: 聖学院大学心理福祉学部心理福祉学科長 田村 綾子
        E-mail:


■公財)前川財団 平成30年度 家庭・地域社会教育の研究・実践助成事業のご案内

公益財団法人前川財団では、日本の家庭・地域社会の教育についての研究・実践活動を対象とする助成事業を行っております。

1.助成対象
家庭・地域社会の教育についての学術的・文化的な研究及び実践活動。
とりわけ日本の伝統的な子育てを現代に活かし、地域共生社会の実現に向けた子育て環境の改善、新しい時代に即した教育活動の創生をめざす研究及び実践を対象とします。

2.応募資格
@大学・短大・幼稚園・保育所等の法人、または実体のある任意団体に所属する研究者(大学院生以上)、団体の代表者とします。
A年齢制限はありません。
B同一テーマ・課題の研究・実践について他の財団の助成金等を受けていないことを原則とします。

3.募集期間
2018年8月1日(水)〜2018年8月31日(金)17:00まで

4.助成期間
2018年9月下旬予定〜2019年7月31日(水)まで

募集要項・申請方法等の詳細,昨年度の活動内容等につきましては、財団HPをご覧ください。
http://www.mayekawafoundation.org/

お問い合せ先
公益財団法人 前川財団
〒135-0046 東京都江東区牡丹2-4-1
TEL 03-5639-1140

E-MAIL

公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団 2018年度ジェロントロジー研究助成募集のご案内

公益財団法人損保ジャパン日本興亜福祉財団では、高齢者福祉の増進に資することを目的に、ジェロントロジー(老年学)に関する社会科学・人文科学分野における研究に助成を行っています。

【募集要項】
1.募集対象となる研究 
(1)研究課題
   ジェロントロジーに関する社会科学・人文科学分野における独創的・先進的な研究
(2)研究分野 
   @社会学、心理学、社会福祉学
   A看護学、保健学(但し、社会科学・人文科学に関連した分野のみ)
(3)研究期間
   2020年3月末日までとします。

2.応募資格
  @大学、研究所などの教育機関、研究機関等において研究活動に従事している者で、直属長の推薦を受けた研究者、研究グループ
  A 大学院に在籍している者で、直属長の推薦を受けた研究者、研究グループ
  B 老人福祉施設、老人保健施設、病院等の現場関係者で、直属長の推薦を受けた者、研究グループ

3.助成内容   
(1)助成金額
   1 研究につき50万円を上限とします。(総額800万円を予定)

4.申請について
(1)申請方法  
   損保ジャパン日本興亜福祉財団ホームページの「申し込みフォーム」に、必要事項をご記入の上、送信してください。
   ホームページアドレス ⇒ http://www.sjnkwf.org/
   応募方法その他詳細については、上記ウェブサイトをご覧ください。
   申請はWEB申込みのみとなりますが、募集要項や申込フォームを書面にしたものの郵送もいたしておりますので、必要な場合は当財団に連絡をお願いいたします。

(2)募集期間 
   2018年4月16日(月)〜7月31日(火)

5.選考方法と結果の通知
  2018年10月に開催予定の選考委員会で選考します。
  採否の結果は、選考後速やかに通知します。

公益社団法人損害保険ジャパン日本興亜福祉財団
TEL:03-3349-9570  FAX:03-5322-5257
HP http://www.sjnkwf.org/