日本発達心理学会

就職・公募情報

■山梨大学大学院総合研究部教育学域教育支援科学講座 教員公募

この度,本学域では以下の教員を公募することとなりました。

教育支援科学講座(発達心理学) <教員公募 〆切:8/17>
1.職名 教授 1名
2.所属 教育支援科学講座(発達心理学)
3.担当分野 発達心理学
4.締切 2017年8月17日(木)必着

詳細につきましては,こちらをご覧ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D117070401&ln_jor=0

教育支援科学講座・教育学部附属教育実践総合センター(臨床心理学)<教員公募 〆切:8/17>
1.職名 准教授 1名
2.所属 教育支援科学講座・教育学部附属教育実践総合センター(臨床心理学)
3.担当分野 臨床心理学
4.締切 2017年8月17日(木)必着

詳細につきましては,こちらをご覧ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D117070409&ln_jor=0

教育支援科学講座(幼児教育学) <教員公募 〆切:8/28>
1.職名 准教授 1名
2.所属 教育支援科学講座(幼児教育学)
3.担当分野 幼児教育学(保育内容論)
4.締切 2017年8月28日(月)必着

詳細につきましては,こちらをご覧ください。
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D117070405&ln_jor=0


■公益財団法人放送文化基金 研究助成

公益財団法人放送文化基金では、平成30年4月〜31年3月に実施される放送にかかわりのある
@技術の研究・開発
A放送に関する人文・社会科学的な調査・研究、および文化的な事業(国際的な協力を含む)
を対象に研究助成申請を募集いたします。
今年度は、特にネット社会が進行して多様な情報が錯綜する中で、「放送の役割・在りよう」を
大局的な観点から調査・研究するプロジェクトの申請をお待ちしております。

対象の例示
❶技術開発/放送技術に関する研究・開発

❷人文社会・文化/放送に関する人文・社会科学的な調査・研究、および文化的な事業

【申請期間】平成29年9月1日▶9月30日

申請方法については、放送文化基金のホームページをご覧下さい。
http://www.hbf.or.jp/grants/article/guideline_grants
※Web申請です。「助成Webシステム」ボタンをクリックし、募集期間内に申請手続きを行って下さい。


■一般財団法人ヤマハ音楽振興会 ヤマハ音楽支援制度「研究活動支援」2018年度対象者募集

募集開始日よりWebにて応募受付開始

【支援対象】 2018年4月〜2019年3月の間に行われる,音楽をテーマとした研究活動
 ・音楽を科学的あるいは社会学的視点から考察した研究活動
 ・個性的かつ創造性に富んだ研究活動
 ・音楽文化の向上に有益な、又は新しいテーマを持った研究活動
  *研究に使用する言語は,日本語もしくは英語であること

【募集件数】 2件程度の個人又はグループ

【支援額】    1件につき100万円まで(返済不要)

【募集期間】 2017年9月25日(月)〜10月16日(月)Webエントリー期限

【応募方法】 2017年9月25日(月)よりWebにて応募受付開始

詳細は,ヤマハ音楽振興会Webサイトをご覧ください
http://www.yamaha-mf.or.jp/shien/

【お問合せ先】一般社団法人ヤマハ音楽振興会ヤマハ音楽支援制度事務局
〒153-8666 目黒区下目黒3-24-22  電話03-5773-0916


■公益財団法人博報児童教育振興会 第13回児童教育実践についての研究助成

ことばの教育と実践の研究を支援し,教育の質の向上につなげます。

○対象となる研究
「ことばの教育」に関する研究
・国語・日本語教育の諸分野における研究
・あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究

児童教育実践の質を向上させる研究
・多様な場における教育実践の質を向上させる研究

○応募資格
日本の大学・研究機関に所属する研究者
・准教授,講師,助教,博士課程の院生など若手支援のため,教授やそれに相当する職は除く

日本の学校・教育委員会に所属する教育実践に携わる方
・教諭や指導主事,相談員,特別支援教育の支援員など

○助成金額
1件につき300万円を限度に助成します。

○応募受付期間
2017年7月3日(月)〜10月31日(火)

○助成期間
2018年4月1日〜2019年3月31日

Webにて応募受付。詳しくは財団ホームページをご覧ください。
http://www.hakuhofoundation.or.jp/


■公財)前川財団 平成29年度 家庭・地域社会教育の研究・実践助成事業ご案内および、第6回未来教育シンポジウムご案内

○助成事業
[助成対象] 日本の家庭・地域社会の教育に関する学術的・文化的な研究及び実践活動。
 特に、日本の伝統的な子育てを現代に活かし、子育て環境の改善や再生をめざす研究及び実践の研究者、団体を対象とします。

[助成金総額] 2,400万円(1件あたりの目安は50万円〜100万円)

[募集期間] 平成29年9月1日(金)〜平成29年9月30日(土)17:00まで

[助成期間] 平成29年度の助成金交付日〜平成30年7月31日(火)

申請方法等の詳細、昨年度の活動内容等につきましては、財団HPをご覧ください。
http://www.mayekawafoundation.org/

○シンポジウム
第6回 未来教育シンポジウム  地域の子どもは地域で育てる!

日時:2017年7月29日(土) 13:30〜16:00

場所:清澄庭園内 大正記念館
〒135-0024 東京都江東区清澄3丁目3

定員:100名

参加費:無料

申込方法:参加申し込みは、WebフォームまたはFAXにてお受けいたします。
チラシはこちらからご覧いただけます。

申込締切:2017年7月21日(金)

申込宛先:Webフォーム:https://www.mayekawafoundation.org/form/20170729.html
               FAX 03-5639-1140


■「NHK番組アーカイブス学術利用トライアル」2017年度第3回募集

NHKでは、NHKアーカイブスの保存番組を研究用に利用していただくトライアルへの参加研究者を募集しています。
公募で採択された研究者は、東京ではNHK放送博物館、大阪ではNHK大阪放送局の専用閲覧室で、ご希望の番組を研究用に閲覧することが出来ます。

○第3回閲覧期間   2017年9月〜11月 (1組 20日間まで利用可)
○募集対象者   大学または高等専門学校、公的研究所に所属する職員・研究者、大学院生
○募集締切    2017年6月30日
○募集研究数   放送博物館 6件、大阪放送局 3件
応募要項等詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
 http://www.nhk.or.jp/archives/academic/